総合レート10000を目指して~ポケモン廃人玄人死亡

ポケモンレート廃人だったおやまださんの日記

2018年03月

過去にウケたツイート

弥生さんが6年間ツイッターにいるけど特に炎上したことがない。みたいなことをツイートしていて思いつきました。
自分も6年くらいやっているので過去に何呟いていたか、振り返ってみることにしました。
下に挙げているの以外だとおやまだおやだま自演説とかオフの参加前後とかになりますかね。
あとはやっぱりレートで対戦した後の交流ですよね。
対戦ありがとうございました が呟けなかった思い出を持っている人も多いのではないでしょうか。

慣れ合い(いいねRTしたら云々)は除いていいねRT数が多かったものをいくつかピックアップ

ちなみに1位は某婚活ツイートです。



婚活を除けば一番ウケたのはこれ。
部活やってたので友達はいたんですけどクラスには仲いい奴がいなくてですね・・・
小中高校って陰キャには辛い空間ですよね。
自分に子供ができたら無理に通わせたくないです。本当に。



好きなポケモンを使うのはいいけどそれを勝てない言い訳にするのは美しくないですよね。
ポケモンじゃなくても言えることだと思います。



●す。まではいかなくても例えばイジメであったりブラック企業の不当な搾取であったり無駄な慣習であったり、そういうものが少なからずインターネット(というかスマホ)の影響で減っていってるのはいいことだと思います。



画像は拾い物なので大っぴらに宣伝するのもどうかと思うですが、全て事実なので・・・
ニコニコ動画がなかったらオタクにはなっていなかったと思います。
ちなみにキテレツの枠はワンピースを無限に放送する枠になった後、枠ごとなくなってしまったので今はやっていないはずです。




確定的に明らか。



シューターバトル、面白かったんですけどね。
まぁ何故か若い人も育っているんでシューターの未来は大丈夫だと思います。




さこみんを許すな。

恋愛レート1700を目指して

付き合って半年程だった彼女にフラれました。といっても先月末の話だしTwitterでも散々喚いているので、このブログを見に来るような熱心な私の囲いの皆さんは知っているでしょうが。
ちなみに未練はないかと言われると正直まだあります。
高々半年程度(厳密に言うと5カ月)で重すぎるって思いますよね。私も思います。
こういう重いところとか、こうやってネットのネタの一部にしちゃうところも嫌われた一因かなぁと思います。そこは私の性格なんで仕方ない部分もありますけど、彼女の気持ちを考えているつもりで自分の欲求に素直だっただけなんだと今なら思えます。
ラッキーパンチで自分には不釣り合いないい子と付き合えちゃったので調子に乗ってしまったのがいけませんでしたね。

で、話は変わりまして婚活を始めました。
正直に言うと彼女を忘れるためというのがデカいですけど結婚したいというのも本当なので。
というわけで、婚活歴およそ1カ月の自分が体験したあれこれの感想を

★街コン(オタク向け)
 ●ポジティブなこと
 ・オタクに理解のある人が全員
 ・会って話ができる
 
 ●ネガティブなこと
 ・女の子のやる気がない
 ・一緒に行く人がいないと難しい
 
・オタクに理解のある人が全員
これ以上言うことはない。オタクに理解のない人は無理ーって人はとりあえず行ってみるといいのかも。
ちなみに私は「顔」に余り拘りがない(厳密にいうと世間一般の好みとは異なる)のですが、普通に可愛い子が多かったですね。

・会って話ができる
婚活アプリはマッチングまでいくのが難しいので、とりあえず話ができる街コンはいいのかと思いました。

・女の子のやる気がない
行ってビックリしました。殆どの子はやる気がありません。ほとんど向こうから話かけてくることはないですし、酷い人になると女同士で喋ってほぼ男とは会話しない人もいました。
私の行ったところが参加費用が男性9800円女性1000円だったのも原因ではあると思うんですけど、
正直なところ、超絶イケメンとか神様レベルのトーク力とか高年収(年収を書く欄はありませんでしたが見た目と職業で大体分かっちゃいますよね)等のハイスペックじゃないとお付合いまでいくのも難しいんじゃないかと思いましたね。

・一緒に行く人がいないと難しい
これも行ったパーティーに原因があると思うんですが、女性は2人組で男性は2人or3人組で男性が席を移動して女性と話していくシステムなのでまず男性は一人参加だと3人組配属率が上がります。これだけで大分不利です。あと、知ってる人同士でうまく連携すると確実にお互いの評価が上がります。
女性参加者で非常にうまく連携しているペアがいて関心しました。逆に全く連携なしで相方がよく喋るタイプ(決して話は上手くない)だとどうなるか・・・なんとなく想像できるんではないでしょうか。

まぁポジティブよりネガティブの方が4倍くらい多く書いてる時点で分かってもらえると思うんですが、私は二度と行きません。誰かに誘われたらもう1回くらいは行ってもいいかなってくらい。

★婚活アプリ
主にペアーズ(有料会員)、昨日からWith(今のところ無料会員)も始めました。

 ●ポジティブなこと
 ・職業、年齢等の狙い撃ちができる
 ・料金の安さ 

 ●ネガティブなこと
 ・マッチングできない

・職業、年齢等の狙い撃ちができる
好みの相手を探しやすいのが最大のメリットではないでしょうか。もっとも、選んで貰えるかは別の話ですが。

・料金の安さ
プランにもよりますが、月3000円なので貧乏でも都内で正社員なら出せる金額ですよね。
毎週街コンやらパーティー行ってたら破産しちゃいますからね。
ちなみに、これも女性は無料(厳密にいうと男性も無料でもできるけど)だったりします。

・マッチングできない
私のスペックが低いということもありますが、全然マッチングできません。
まぁ私が高望みしているだけかもしれませんが基本男は年収見られるんだなぁというのを痛感
年収400以上ない奴は結婚するなという神のお告げなのかもしれませんね。
※女性は出産前後働けないし女性というだけで高収入になり辛い現実がある以上、男に収入を求めるのは当然だとは思ってます

まぁこんな感じでペアーズもあまり成果ないんですが、なんだかんだマッチングもゼロではないし実際会うまでもいったので暫くは続けようと思っています。半年分料金払っちゃったし

婚活、暫く続けるつもりなので29歳前後の根暗で真面目で頭のいいちょっとコミュ障な女の子がいたら紹介してください。
続きを読む